Galapagos Japas

国際政治と日本の古代政治変遷歴史 明治維新など特に集中して書いている

東芝の知的価値

東芝メモリの売却価格、2兆円では安すぎる
「買収額÷売上高」から見える驚きの結果 - 湯之上隆

WEDGE Infinity
 2017年05月17日 18:56
 東芝メモリの1次入札が行われた3月29日、東芝の綱川智社長は報道関係者とアナリスト向けの会見で、東芝メモリの売却額について「少なくとも2兆円」と発言した。

 これは、大失言だった。

 まだ5月中旬の2次入札を控えているときに、東芝の社長ともあろうものが、軽々しく売却額を口にしてはならなかった。しかもその額は、あまりにも安い値段だった。

 覆水盆に返らず。一度、社長の口から出てしまった発言内容は、もはや撤回できない。東芝メモリの売却額は、2兆円というあまりにも安い価格を基準として、2次入札が行われることになる。

 本稿では、まず、2兆円が安すぎると考える根拠を述べる。次に、なぜ、そのような安値になってしまったのかを分析する。

アナリストが言いだした1.5~2兆円の売却額
 東芝メモリの売却額は、綱川社長が上記会見で発言するより随分前から、「1.5~2兆円」と言われていた。一体誰が言い出したのかと、日経新聞を過去に遡って調べてみると、1月22日の『出資比率・期限・市況…東芝半導体、出資にハードル』という記事に、(東芝の半導体メモリ事業の価値は)「少なくとも1兆5000億円は下らない」(証券アナリスト)という記述が見つかった。筆者の知る限りでは、この後、「1.5~2兆円」という価格が世間に定着していったように思う。

 この売却額について、元東芝の半導体技術者で現在はTech Trend Analysisの代表を務めている筆者の知人の有門経敏氏は、「安すぎるのではないか?」と指摘した。その上で、半導体企業のM&Aについて、売却額とその企業の売上高の関係を調べてみたらどうかと助言を受けた。
img_946fc4d105e6cab19c37d44a3935d95656337
(2)2016年7月、ソフトバンクは、売上高1791億円の英ARMを3.3兆円で買収すると発表した。買収額/売上高=18.43となる。
ARMは、プロセッサの設計情報をIP(Intellectual Property)として提供する半導体企業であり、2015年にARMのIPを使ったプロセッサは145億個も出荷された。ARMには、米クアルコムや台湾メデイアテックなどの設計を専門とする半導体企業(ファブレス)からIP使用料が入ってくる。さらに、ARMのIPが使われたプロセッサは、スマホ、デジタル家電品、ゲーム、クルマなどに幅広く搭載されるが、ARMのプロセッサが1個売れる度に、ARMには約10円の使用料がまるで税金のように入ってくる。
IoTの普及やビッグデータ時代を迎えて、2020年には、300~500億個のネットデバイスにARMのプロセッサが使われ、1兆個に達するセンサのほとんどにもARMのプロセッサが使われると推定されている。ソフトバンクの孫正義社長は、その広大な可能性に巨額投資を行ったのである。

(3)2016年10月、米クアルコムは、売上高42億ドルのオランダNXPを470億ドルで買収すると発表した。買収額/売上高=11.19となる。
NXPは、エレクトロニクスメーカーのフリップスの半導体部門が独立した垂直統合型(IDM)の半導体メーカーで、車載用や認証端末用等の半導体が主力であり、2015年に旧モトローラの米フリースケール・セミコンダクタを買収し、世界半導体売上高では7位、車載半導体ではルネサスや独インフィニオンを抜いて売上高1位となっている。
ディープラーニングAI半導体の開発を行っているクアルコムは、NXPを買収することにより、今後、世界的な普及が予測される自動運転車用AI半導体において、非常に有力なポジションを得ることができた。そのデファクトスタンダードを確立することが狙いである。

(4)2016年7月、米Analog Devicesが、売上高14.4億ドルの米Linear Technologyを148億ドルで買収すると発表した。買収額/売上高=10.28となる。
この買収劇には、世界半導体業界が大きく驚いた。その理由は、まず、Linear Technologyは、営業利益率40%を超える超優アナログ半導体メーカーだったことにある。次に、Analog DevicesとLinear Technologyは、競合関係にあった。したがって、よくぞ敵対する両社が、買収に合意したものだと驚いたのだ。
調査会社のIC Insightsによれば、2015年におけるアナログICメーカーの売上高ランキングでAnalog Devicesは4位、Linear Technologyは8位だった。買収後、両社合計のシェアは9%となり、18%のシェアを持つTexas Instruments(TI)に次ぐ2位となった。また、両社の製品群は相互補完関係にあるため、非常に強力なアナログ半導体メーカーが誕生したことになる。

「買収額÷売上高」の値とは“期待値”
 このように、半導体企業におけるM&Aをみてみると、「買収額÷売上高」が示す値とは、買収される企業への“期待値”のようなものであると考えられる。つまり、「買収額÷売上高」の値が高いほど、買収される企業の半導体事業の将来性を高く評価しているということである。

 ところが、東芝メモリの場合、「買収額÷売上高」はたったの2.45である。これは、過去のM&Aのケースと比較しても、異常に低い値と言える。

 四日市工場は、東芝とサンディスクが折半して投資し、運営している。そのサンディスクは、2015年10月に、ウエスタンデジタルが買収を発表し、2016年5月に買収が完了した。そのときの買収額は190億ドルで、2015年のサンディスクの売上高は66.28億ドルだった。したがって、買収額÷売上高=2.87である。

 この2.87という値も、これまで見てきた半導体企業のM&Aのケースに比べれば相当に低いが、東芝メモリの2.45は、それよりさらに低いのだ。

 ここ数年で、本格的なビッグデータ時代が到来した。そのため、HDDを一切使わず、すべてSSDを使ったオールフラッシュストレージが予想以上の速度で普及し始めた。SSDには、NANDが必要不可欠である。その結果、NANDの需要が急拡大している。

 それなのに、買収額÷売上高の値において、東芝メモリはサンディスクよりも低いのである。普通に考えれば、東芝メモリの買収額は、もっと高く評価されても良いように思われる。そうなっていないのは、何か理由があると考えられる。

東芝は足元を見られている
 3月29日の記者会見で、東芝の綱川社長は、2017年3月期の決算は、1兆100億円の赤字になる見込みであると発表した。この赤字額は、日立製作所がリーマン・ショック後に計上した7873億円の赤字を上回り、製造業史上過去最大となるという。その結果、東芝は2016年度末に6200億円の債務超過に陥ることが確実となった。

 東芝は、この債務超過を可及的速やかに回避しなくてはならない。そのために東芝は、東芝メモリを速やかに売却するしか方法がない。買収先の企業には、このような事情が良く分かっているから、買収金額を高く設定する理由がないのである。

 つまり、東芝は、買収先から、足元を見られているのである。これが、買収額が異常に低くなっている第一の原因である。

東芝のNAND売上高が成長していない »
東芝のNAND売上高が成長していない
 第二の原因は、NANDの将来は明るいが、東芝メモリのNANDの将来が明るくないと評価されているからである。その証拠を以下に示す。

 図2に、2010年~2016年までのNANDメーカーごとの売上高の推移を示す。東芝のNAND売上高は、サムスン電子に次ぐ2位であるが、この6年間であまり成長していないように見える。

 東芝の2016年のNANDの売上高は8166億円だったので、買収額を2兆円とすると、買収額÷売上高=2.45となる。2兆円というと巨額な買収価格のように感じるが、売上高の2.45年分にしか相当しないというのは、有門氏が言う通り、いささか安いと思われる。

 そこで、上記助言に従って、東芝メモリの件も含めて、最近の半導体企業のM&Aについて、「買収額÷被買収企業の売上高」の関係を調べてみた。

買収額÷売上高の値
 図1に、最近の半導体企業のM&Aにおける「買収額÷売上高」の関係を示す。以下、その値が大きい順に、具体的な事例を説明する。

1)2017年3月、インテルが、売上高3.58億ドルのイスラエルMobileyeを153億ドルで買収すると発表した。買収額/売上高=42.74となる。つまり、インテルは、Mobileyeの売上高の42.74年分という途轍もない価格で買収したのである。その値は、東芝メモリの場合(2.45)の17.4倍である。
Mobileyeは、先進運転支援システム(Advanced Driving Assistant System、ADAS)および自動運転車向けのコンピュータビジョンチップおよびアルゴリズムを手掛けるメーカーで、同分野では非常に強力なポジションを得ている。インテルは、MobileyeおよびBMWと、1年前から自動運転車に関する共同開発を行っており、この分野での覇権確立を狙っている。

 図2のデータを基に、NANDメーカーのシェアの推移を示したのが図3である。東芝のシェアは、2010年当時は約36%あり、サムスン電子とデッドヒートを繰り広げていたが、その後、シェアは次第に低下し、2016年第4四半期には18.3%と、6年前の約半分になってしまった。

 さらに、NANDメーカーごとに、2010年第1四半期の売上高を1と規格化して、6年間で売上高がどのくらい成長したかを図4に示す。6年間でもっとも成長したのがSK Hynixで、売上高は3.35倍になった。以下、インテルが2.91倍、サムスン電子が2.62倍、マイクロンが2.41倍と続く。

 ところが、東芝はもっとも成長率が低く、わずか1.47倍にしかなっていない。つまり、東芝のNAND売上高は、6年間ほとんど成長していないのである。買収額を査定する人が、このような分析を行っているとしたら(間違いなくしているのだろうが)、「東芝のNANDは成長性の低い事業」と評価していてもおかしくない。

綱川社長の「少なくとも2兆円」は大失言

 東芝メモリの買収額2兆円は、過去のM&Aと比較しても安すぎる。その原因は、買収先から、東芝が足元を見られており、東芝のNANDの成長性が低いと評価されていることにある。

 しかし、NANDを製造できる企業は世界に4グループしかなく、そのNANDはビッグデータの時代に必要不可欠なメモリである。だから、本来ならもっと高く売れてもいいはずである。

 ところが、1月下旬にどこかのアナリストが言い出したことが切っ掛けとなり、いつの間にか1.5~2兆円という買収額が定着し、東芝の綱川社長までもが、「少なくとも2兆円」と発言してしまった。これは、売る立場の責任者としては、重大な失言である。

 なるべく高く売りたい東芝の社長としては、10兆円くらいに言っておけばよかったのだ。すると、なるべく安く買いたたきたい買収先との間で綱引きが行われ、4~5兆円くらいの落札額になったかもしれない。

 世耕弘成経産大臣、経団連の榊原定征会長、そして菅義偉官房長官等のお偉方が、こぞって、「東芝メモリの技術は日本の中核技術で、海外への流出は問題だ」などというような発言をしている。

 そして、最も高く応札しそうな中国や台湾企業による買収を阻止するために、日本政府は、外為法違反という珍策まで持ち出した。それと同時に、政府の息がかかった日本政策投資銀行や産業革新機構が買収に乗り出してきた。

 筆者は、政策銀や革新機構が東芝メモリを買収するのには反対であるが、日本政府がそれほどまでに、「流出してはならない大事な技術」だと言って介入するなら、せいぜい高く、例えば売上高8166億円の10倍の8兆円くらいで、政策銀や革新機構が買うべきだ。

東芝メモリ売却、もはや米中の代理戦争?
両国の鴻海争奪との見方に異論も - 山口亮子
WEDGE Infinity 2017年05月17日 21:31 
 2017年3月期決算が国内製造業としては過去最悪の9500億円の赤字となる見通しと公表した東芝。危機から脱するための東芝メモリの売却手続きが進む。3月29日に行われた第一次入札では、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業が最高3兆円を提示したとされる。ただし、日本政府は軍事転用できる技術が中国に流出することを懸念しており、外為法を適用する可能性も否定していない。

 政府系ファンドの産業革新機構が米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と組んだ日米連合が有力候補として浮上する中、鴻海はアップルやシャープを含めた日米台連合の実現に動いており、盛り返しを図っている。

米中の半導体争奪の代理戦争
 こうした買収劇の背後に大国間の政治競争があると指摘するのは香港の鳳凰衛視(フェニックステレビ)。5月9日の「総編輯時間」で東芝メモリの売却について報じた(http://v.ifeng.com/video_7005177.shtml)。

 日本政府が外為法の適用も辞さない姿勢であることを報じた後、東京の記者が「日本政府は(外為法の適用について)明確な立場を表明していないが、日本国内でも政府は過剰に介入すべきでないという批判がある」と紹介した。スタジオの司会者の呂寧思がここで引き合いに出したのが、まさにこの日行われた李克強首相による鄭州市の鴻海傘下のフォックスコン工場の視察だった。この視察には、東芝メモリを巡る買収の中心人物、鴻海の郭台銘会長が同行している。

 「このところの鴻海グループというのは、一カ月余り、ずっと日本で東芝旗下の東芝メモリ買収で争ってきた。李克強首相はこのフォックスコン視察で、郭台銘がハイエンドの研究開発を多く手掛け、すべての産業チェーンを中国国内に持ってくることを期待していると特に強調した。思うにこれは郭台銘に国際的に活躍させるための一種の激励ではないか」
 中国大陸とここまで関係のいい郭台銘が東芝を買収することに、日本政府が憂慮しているとしたうえで、こう続けている。

 「実際には日本だけが憂慮しているのではなく、真のポイントは中国と米国の新時代の競争の焦点が、米中間の半導体の争奪戦だということだ」
 客観的に見て米国のリードが大きいことは認めつつ、中国には2030年に世界最大の集積回路(IC)つまり半導体の研究開発国家になり、なおかつ今後10年間に1500億元を投資する計画があると紹介。買収を巡る一連の動きの背景を

 「大きな政治的原因があり、これは一種の大国間の政治競争だ」
 としている。東芝メモリ争奪戦がもはや米中間の代理戦争と化しているとの指摘だ。

 ここで言っている中国の計画は、国務院が2014年6月に発表した「国家IC産業発展推進要綱(国家集成电路产业发展推进纲要)」。2030年までに産業チェーンの主要部分を世界の先進水準にし、一部企業が世界の第一陣に躍り出るとしている。

李克強首相は鴻海にラブコール
 李克強首相と郭台銘会長の面談については、中央電視台の「新聞聯播」を筆頭に報じられた。「李克強と郭台銘は二度足をとめて何をしゃべったのか」という人民日報のウェブ版で報じられたニュースは、多くのメディアに転載されている。工場で足を止めて5分間話し、車に乗り込む前にも足をとめて語り合った内容を以下のように紹介している。

 「総理は『フォックスコンがさらに多くのハイエンドの研究開発と産業チェーンをここに置くことを望んでいる。我々は開放をさらに拡大し、ビジネス環境を向上させる。中国は巨大な市場と人材資源を擁しており、製造業を発展させる最良の目的地だ』と語った」
 ところで郭台銘会長は4月末にシャープの戴正呉社長とともにトランプ大統領と会談したばかり。そんな中での鄭州訪問に「左はアメリカ、右は中国、鴻海の郭台銘は板挟み状態?」(IT技術に関するコミュニティ・プラットフォーム「与非網」)といった論調も見られる。

 米中が鴻海を巡って争奪戦を繰り広げていると見る向きも多い中、台湾メディアの報道を引用しつつ、郭台銘会長の置かれた状況を楽観的に分析しているのは上海報業集団のニュースサイト「上観新聞」の「中国で工場を建てるか、アメリカで建てるかはゼロサムゲームではない。鴻海の郭台銘『私をどちらかの側につかせるな』」という記事。サブタイトルは「台湾の『中國時報』がはっきり言っている。どこに投資をするのか、郭会長はとっくに答えを持っている。『私をどちらかの側につかせるな』と」。

あくまでビジネスと政治的分析忌避
 李克強首相との詳細なやりとりを鄭州の地元紙「河南日報」から抜粋した後、「台湾メディアには今回の会談を郭台銘の訪米と結びつけて考えている向きがある」と紹介。その上で

 「グローバル化と産業の分業化がますます細分化している今、鄭州の労働コストは低く、米国でパネル工場をつくれば消費地から近くなる。中国で投資するか米国で投資するかの選択は、あれでなければこれというゼロサムゲームではなく、まして経済問題を政治化する必要はない」
 と批判している。

 郭台銘会長の動向を極めて政治的に取り上げた鳳凰衛視と、政治から切り離そうとする上観新聞。前者は拠点を香港に置きながらも、中国政府寄りの報道で知られる。上観新聞の属するメディアグループは上海市共産党委員会宣伝部の傘下にあり、政府寄りであることは言わずもがな。そんな両者の全く違う報道ぶりからは、中国政府と鴻海の関係の複雑さがうかがえる。
(記事引用)




著作権 考察

ひろゆき氏の日経新聞著作権
教えてくん】コミュニティーなのです。
なんかニュースとかあったらここに書こうかと思ってますよ。とりあえず、おいらのブログ
http://hiro.asks.jp/97013.html

著作物である条件の「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」には該当しない気がするんですよね。

日経新聞が単にジャイアン的に「なんでも俺のモノ!」って言ってるんだったらわかるんですが、著作権法上の解釈で著作物であると主張してるのであれば、どういう解釈なのか教えてもらいたいところです。
 
第二進化 :AIによる創作の実現音楽や絵画など比較的パターン化しやすい創作物から順に、人間の具体的な指示なしにAIが創作物を生み出すことができる状態に至る可能性>> 既にこの段階に達している分野がある


setsugen 2017-01-28 10:13 am (リンク)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2016/jisedai_tizai/dai4/siryou2.pdf



画像 http://hiro.asks.jp/97013.html#comments
gf2KpQ4
















(記事引用)










 

雨月物語

名著 雨月物語
1953年製作の日本映画。監督溝口健二。「浅茅が宿」と「蛇性の婬」の2編を川口松太郎と依田義賢が脚色した。出演は京マチ子、水戸光子、田中絹代、森雅之、小沢栄など。舞台は近江国と京に設定されている。ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞した。また、スタッフも文部省芸術選奨を、そしてエディンバラ映画祭においてデヴィッド・O・セルズニック賞を受賞した。


『雨月物語』という題は、どこからきたのだろうか。秋成自身の序文には、書下すと「雨は霽れ月朦朧の夜、窓下に編成し、以て梓氏に畀ふ。題して雨月物語と云ふ」という一文があり、雨がやんで月がおぼろに見える夜に編成したため、ということが書いてある。物語中、怪異が現れる場面の前触れとして、雨や月のある情景が積極的に用いられていることにも注意したい。

一方、これを表向きの理由、作者の韜晦であるとして、別の説も出されている。山口剛は、西行がワキとして登場する謡曲の『雨月』がもとになっている、という説を提唱したが、これは長島弘明が「白峯」との内容面での関係性が薄いとして否定している。また重友毅は、『雨月物語』にもところどころで採用されている『剪灯新話』「牡丹灯記」にある一節「天陰リ雨湿(うるほ)スノ夜、月落チ参(さん)横タハルノ晨(あした)」から来てるのではないか、と唱えている。高田衛は、秋成はこの両者に親しんでいただろうことから、このどちらか一方と考えなくてもよい、という考えを示している。


「雨月物語」は上田秋成によって江戸時代後期に著わされた読本(よみほん)作品。
序は、『雨月物語』の序文の全文である。ここには、上田秋成の『雨月物語』にかける意気込み、創作経緯が書かれている。この文中で秋成は、『源氏物語』を書いた紫式部と『水滸伝』を書いた羅貫中を例に挙げ、2人が現実と見紛うばかりの傑作を書いたばかりにひどい目にあったという伝説をあげている(紫式部が一旦地獄に堕ちた、というのは、治承年間、平康頼によって書かれた『宝物集』や延応以降の、藤原信実によって書かれたとされる『今物語』により、羅貫中の子孫3代が唖になった、というのは、明代、田汝成編の『西湖遊覧志余』や『続文献通考』によっている)。そして、どう見ても杜撰な、荒唐無稽な作品である『雨月物語』を書いた自分は、そんなひどい目に遭うわけがない、と謙遜している、ように見える。しかし考えてみれば、そもそもくだらない作品を書いた、と自分で思っているなら、当時でもすばらしい作品であると考えられていた『源氏物語』や『水滸伝』と自分の作品を比べるわけはあるまい。


仏法僧」は、時を江戸時代に設定している。伊勢国の拝志夢然という人が隠居した後、末子の作之治と旅に出た。色々見て廻ったあと、夏、高野山へと向った。着くのが遅くなり、到着が夜になってしまった。で泊まろうと思ったけれど寺の掟により叶わず、霊廟の前の灯籠堂で、念仏を唱えて夜を明かすことに決めた。静かな中過ごしていると、外から「仏法仏法(ぶつぱんぶつぱん)」と仏法僧の鳴き声が聞こえてきた。珍しいものを聞いたと興を催し、夢然は一句詠んだ。「鳥の音も秘密の山の茂みかな」

もう一回鳴かないものか、と耳をそばだてていると、別のものが聞こえてきた。誰かがこちらへ来るようである。驚いて隠れようとしたが二人はやって来た武士に見つかってしまい、慌てて下に降りてうずくまった。多くの足音とともに、烏帽子直衣の貴人がやってきた。そして、楽しそうに宴会をはじめた。そのうち、貴人は連歌師の里村紹巴の名を呼び、話をさせた。話は、『風雅和歌集』にある弘法大師の「わすれても汲やしつらん旅人の高野の奥の玉川の水」[27]という歌の解釈に移っていった。紹巴の話が一通り終った頃、また仏法僧が鳴いた。これに、貴人は、紹巴にひとつ歌を詠め、と命じる。紹巴は、段下の夢然にさきほどの句を披露しろ、といった。夢然が正体を聞くと、貴人が豊臣秀次とその家臣の霊であることが分かった。夢然がようよう紙に書いたのを差出すと、山本主殿がこれを詠みあげた。「鳥の音も秘密の山の茂みかな」。秀次の評価は、なかなか良いよう。小姓の山田三十郎がこれに付け句した。「芥子たき明すみじか夜の牀」。紹巴や秀次はこれに、良く作った、と褒め、座は一段と盛り上がった。

家臣のひとり、淡路(雀部淡路守)が急に騒ぎ出し、修羅の時が近づいていることを知らせた。すると、今まで穏やかだった場が殺気立つようになり、皆の顔色も変ってきている。秀次は、段下の、部外者のふたりも修羅の世界に連れていけ、と配下に命じ、これを逆に諌められ、そのうち皆の姿は消えていった。親子は、恐ろしい心地がして、気絶してしまった。朝が来て、二人は起き、急いで山を下った。後に夢然が瑞泉寺にある秀次の悪逆塚の横を通ったとき、昼なのにものすごいものを感じた、とひとに語ったのを、ここにそのまま書いた、という末尾で物語を締めている。

吉備津の釜 
「吉備津の釜」冒頭の妬婦論は、『五雑俎』(五雑組とも)巻八による。吉備国賀夜郡庭妹(現在の岡山市北区 (岡山市)庭瀬)に、井沢正太夫というひとがいた。この息子の正太郎というのは、色欲の強い男で、父が止めるのも聞かず、遊び歩いていた。そこで、嫁を迎えて身持ちを固めさせようと、吉備津神社の神主、香央造酒の娘と縁組がまとめられた。幸を祈るために、御釜祓いをすることとなった。これは、釜のお湯が沸きあがるときに、牛が吼えるような音が出たら吉、音が出なかったときは凶、となっていた。はたして、全くなんの音もでなかったので、この婚姻は凶と判断された。このことを香央が自分の妻に伝えると、先方も娘も心待ちにしているのに、この様な不吉なことを公表すれば、どうなるかわからない、ふたりが結婚するのは変えられない、と言い、そのまま縁組は進められた。
この嫁に来た磯良というのは、大変できた女で、家に良く仕え、非の打ち所がなかった。正太郎も磯良のことをよく思っていた。しかし、いつのころからか、外に袖という遊女の愛人をつくり、これとなじみになって、家に帰らなくなった。井沢の父は、全く行動を改めない正太郎を一室に閉じ込めた。磯良は厚く正太郎を世話したが、逆に正太郎は磯良を騙し、金を奪って逐電してしまった。磯良はこのあまりの仕打ちに病気で寝込むようになり、日に日に衰えていった。
一方、袖と駆け落ちした正太郎は、袖の親戚の彦六の厄介となり、彦六の隣の家で仲睦まじく生活した。しかし、袖の様子がおかしい。物の怪にでも憑かれたように、狂おしげだ。これはもしや、磯良の呪い……、と思っているうちに、看病の甲斐なく七日後、袖は死んでしまった。正太郎は悲しみつつも、菩提を弔った。それから正太郎は、夕方に墓参りする生活が続いた。
ある日、いつものように墓にいくと、女がいた。聞くと、仕える家の主人が死に、伏せてしまった奥方の代りに日参しているのだという。美人であるという奥方に興味を持った正太郎は、女に付いていき、奥方と悲しみを分かち合おうと訪問することとなった。小さな茅葺の家のなか、屏風の向うに、その奥方はいた。正太郎がお悔やみのあいさつをすると、屏風から現れたのは、まさしく磯良だった。血の気のないその姿も恐ろしく、正太郎は気絶してしまった。
気づくとそこは、三昧堂だった。慌てて家に帰って彦六に話すと、陰陽師を紹介された。陰陽師は正太郎の体に篆籀を書いて埋め尽くし、今から四十二日間物忌みをし、死にたくなければ必ず一歩も外に出ては行けない、ということを言った。その夜、言われた通り物忌みをしていたところ、女の声がして、「あなにくや。こゝにたふとき符文を設つるよ」と言った。彦六と壁越しにその恐ろしさを語るなどした。そして続く声の恐ろしさを感じながら、やっと四十二日目を迎えた。やがて夜が明けたのを見、彦六は、正太郎を壁越しに呼び寄せると、「あなや」と正太郎の叫び声がする。慌てて外に出てみると、外はまだ真っ暗で、正太郎の家には壁に大きな血のあとが流れており、軒に髻がかかっているのみ。正太郎の行方は分らずじまいだった。このことを伝えられると、井沢も香央も悲しんだ。まこと、陰陽師も、釜の御祓いも、正しい結果を示したものである。
(資料ウイキペディア)



(♪ MDB425)










 

東京ディズニーランド

ディズニーランドを日本に呼んだ男たち
 東京ディズニーリゾートの雑学 20150511舞浜新聞
今では年間3,000万人近くの人々が訪れる東京ディズニーリゾート。言わずと知れた、日本一の入園者数を誇るテーマパークです。
実はこの東京ディズニーリゾート誕生の陰に、情熱を持った男たちがいたことをご存知でしょうか。今回の記事では夢と魔法の王国の建設に尽力した、男たちの物語をご紹介します。

浦安は「のどかな漁村」だった 
東京ディズニーリゾートがある浦安市は、元々はのどかな漁村でした。今の舞浜地区も、昔は遠浅の海が広がっていたのです。山本周五郎の『青べか物語』では、漁村の頃の浦安が描かれています。
青べか物語 (新潮文庫)
作者: 山本周五郎 出版社/メーカー: 新潮社
発売日: 1963/08/12
 
海苔の養殖が盛んに行われていた浦安。しかし、高度経済成長期に、周辺の工場からの排水によって海は汚れていきました。

ちょうどその頃、三井不動産と京成電鉄を中心にして、浦安沖を埋め立てる計画が持ち上がります。三井不動産は住宅地の開発・分譲、京成電鉄は東陽町から浦安を経由して、千葉寺までを結ぶ湾岸新線を建設して、新たな運賃収入を稼ぐことを考えていました。
そんな浦安沖の埋め立て事業の会社として作られたのが「オリエンタルランド」でした。社名の由来は、埋め立て地に建設する遊園地の名称からでした。

ディズニーランドに出会った男 
当時のオリエンタルランドは名ばかりの会社でしたので、当時京成電鉄の社長を務めていた川崎千春が、オリエンタルランドの社長も兼務していました。
実はこの川崎こそ、「日本にディズニーランドを持って来よう」と考えた人物でした。
1958年1月、京成バラ園で販売するバラを買い付けるために、川崎はアメリカへと出かけました。そのときにカリフォルニア・アナハイムにあるディズニーランドに出会い、強い感銘を受けたのです。

「こんな素晴らしいものを、ぜひ日本の子どもたちにも見せたい」
 
そう考えた川崎は、なんとかして日本にディズニーランドが誘致できないか、模索を始めます。まだ浦安沖を埋め立てる前から、川崎は浦安にディズニーランドを造りたいと考えていました。
最大の壁は「漁民たち」 
浦安沖の埋め立て事業で一番の障害だったのが、漁民たちの漁業権放棄交渉でした。ただでさえ気性が荒い漁民たちの交渉を、誰に任せればよいのか。当時、三井不動産の社長を務めていた江戸英雄は悩みます。
そんなとき、白羽の矢が立ったのが、当時住宅会社の常務を務めていた高橋政知でした。
高橋は、東京銀行銀座支店と伊東屋の土地交換交渉のため、三井不動産で業務部長を務めていた江戸と出会います。
出会ってすぐに江戸は交渉を快諾。そんな潔さにほれ込んだ高橋は、江戸と酒を酌み交わす仲になります。そこで江戸は、高橋の酒豪ぶりを知ることになるのです。
高橋の父もかなりの酒豪として有名で、高橋は父から酒の手ほどきを受けていました。
江戸は高橋の酒の強さを買って、彼なら漁民交渉にうってつけだと直感します。江戸から交渉役を懇願された高橋は、しぶしぶ、その役を引き受けることに。浦安の町に高橋が乗り込んだのは、1961年夏のことでした。

高級料亭で豪遊三昧 
高橋は連日、都内の高級料亭で漁民たちを招いて大宴会を催しました。当時の大卒男子の初任給が月1万5千円ほどの時代に、1か月で70~80万円ほども飲み代に使うほどでした。漁民たちは上からではなく、自分たちをもてなしてくれる高橋にほれ込んでいきました。
川崎は高橋が持ってくる飲み代の領収書に、黙ってサインをしていきました。川崎も江戸と同様に、漁民たちをまとめ上げられるのは高橋しかいない、と考えていました。
一升瓶を持って、漁民たちの家を一軒一軒回る高橋。浦安沖を埋め立てて、ここに東洋一の遊園地を造る。だから漁業権の放棄をしてくれ。高橋は粘り強く交渉に当たります。
当初は3年かかるとみられていた交渉を、高橋はわずか半年でまとめ上げます。

後ろ盾を失う高橋 
1964年にオリエンタルランドは浦安沖の埋め立て工事に着手。1970年に最後の舞浜地区の工事が完了しました。いよいよディズニーランド誘致に向けて動こうとしていた矢先、1973年、日本をオイルショックが襲います。
当時上野に建設したばかりの京成デパートの売り上げも伸び悩み、川崎は京成電鉄に融資していた銀行団から、本業の鉄道業に専念するよう指示を受けます。結果的に、川崎はオリエンタルランドの社長を辞めざるをえませんでした。

また時を同じくして、江戸も三井不動産の社長職から降りることになります。ほぼ同時に支えを失った高橋は、川崎や江戸の思いを受け継ぐために、部下とともにディズニーランド誘致へと奔走することとなります。

ディズニーとの交渉と三井不動産 
オイルショックによる不景気のために「ディズニーランドは儲からない」と考えた三井不動産は、事業の縮小もやむをえないと考えていました。三井にとっては、東京から近い浦安の土地を住宅地として分譲するほうが、儲けが大きいと考えていたからです。

一方の高橋は1,700人以上の漁民に同意してもらい、海を埋め立てたという思いがありました。そんな漁民たちのためにも、何としてでもディズニーランドを浦安に持ってくる。そう強く考えていました。

権利関係に厳しいディズニーとの交渉は、並大抵のものではありませんでした。特にディズニーにとっては、当時フロリダ・オーランドで建設を進めていた「エプコット」が最優先であり、東京に資金を振り向ける余裕はありませんでした。

ウォルト・ディズニーの置き土産とも言うべき「エプコット計画」東京ディズニーランド開園から半年前の1982年10月に開園している。
ディズニーはオリエンタルランドに対して、ライセンス契約によるフランチャイズのパーク運営、出資はしない、建設費は出さない、さらには長期にわたるロイヤリティーの支払いなど、かなり無茶な要求をしてきました。
これを受けて、三井不動産はついに、ディズニーとの交渉の打ち切りを決断。しかし、高橋はそんな親会社の三井の命令を無視して、独断でディズニーとの契約を結んでしまいます。
ディズニーとオリエンタルランドとの間で基本契約を取り交わしたのは、1979年4月30日のことでした。そのときの写真には、握手を交わす高橋とカードン・ウォーカー社長(当時)の間にミッキーマウスの姿が写っています。

いよいよ東京ディズニーランドが誕生へ 
ディズニーとの粘り強い交渉の末、東京ディズニーランドの建設工事は1980年12月に着工しました。当初1,000億円を予定していた総事業費は、みるみるうちに膨れ上がり、1,800億円にも上っていきました。しかし高橋は、顔色一つ変えることなく、現場のスタッフたちに檄を飛ばしました。
「いくら金がかかってもいい。『本物』を造ってくれ。造る以上はロサンゼルスやフロリダのものに勝るものでなくてはいけない」
 1983年3月、建設工事は無事に終了し、竣工式が執り行われました。そして4月15日、小雨の降る中、東京ディズニーランドの「グランドオープニングセレモニー」が開催されました。高らかに開園宣言をする高橋。当時69歳でした。
開園当日はあいにくの雨。そのため、セレモニーはワールドバザール内で行われた。
川崎がアメリカでディズニーランドに出会ってから、25年もの歳月が経っていました。当時オリエンタルランドの相談役に就いていた川崎は、感激のあまり涙ぐんでいました。

酒とディズニーランド 
その後、高橋は東京ディズニーランドに次ぐ第2のパーク「東京ディズニーシー」をはじめとして、東京ディズニーリゾートの誕生に尽力します。しかし、確実に高橋の体は弱っていきました。

建設中の東京ディズニーシー
20130408152928

1999年の年末には、建設中の現場を見て回っていたのですが、その後急速に体調が悪化。2000年1月31日、高橋は静かに息を引き取りました。酒とディズニーランドの86年間の生涯でした。
生前、高橋は周囲にこう語っていたと言います。
「ディズニーシーができたら、俺が一番乗りで酒を飲むんだ」
 酒豪の高橋らしいエピソードですね。高橋の88回目の誕生日となるはずだった2001年9月4日、かつて海が広がっていた場所に、世界で唯一の海をテーマにしたディズニーパーク「東京ディズニーシー」が開園しました。

ディズニーランドを日本に呼んだ男たち
川崎がもし、アナハイムのディズニーランドを訪れていなかったら…。もし江戸が高橋を、浦安の漁民たちとの交渉役にしなかったら…。もし高橋がディズニーとの交渉を断念していたら…。舞浜には今とは全く違った風景が広がっていたかもしれません。
1993年4月15日、開園10周年を記念して東京ディズニーランドの「アイスクリームコーン」のショーウインドウに「Office OF LEGENDARY CREATIONS」が掲げられました。日本語に訳すと「伝統的想像のオフィス」、創立者の名前には「MASATOMO TAKAHASHI」。隣には「夢を追い求め、実現した人」と記されています。
実は生前、高橋はアイスクリームをなめながら、よくパークを散策していました。そんな彼の姿から、ディズニーが後世に残る偉業をたたえるために、このショーウインドウを送ったのです。ディズニーパークに日本人の名前が刻まれるのは、これが初めてでした。
ショーウインドウはアイスクリームコーンからトイキングダム、そして現在はタウンセンター・ファッションの2階に場所が移されています。

参考文献
日本経済新聞『私の履歴書』高橋政知(朝刊・1999年7月1日~7月31日)
ディズニーランドという聖地
ディズニーリゾートの経済学

海を超える想像力―東京ディズニーリゾート誕生の物語
東京ディズニーランドをつくった男たち
東京ディズニーリゾート暗黒の軌跡
参考リンク
オリエンタルランド50周年史 | オリエンタルランドグループ
D23.com - Masatomo Takahashi - Administration, Disney Legends
幻の京成新線計画
©Disney(記事引用)

東京ディズニーランド 関連記事
東京ディズニーランドが客数減少で苦戦中という勘違い。そして「本当の課題」は? - 多田稔 (中小企業診断士)





「ハローキティ」が世界を覆う?

「これも“かわいい”なの!?」
ぐでたまで日本のかわいい文化の深淵を知る海外
NewSphere 2017年04月15日 11:00
 海外では日本の「かわいい文化」が依然として注目を集めている。「ハローキティ」のグッズを身につけて街を歩く女子は、もはや日本だけでなく世界中で見られる風景となっている。この現象を社会学・人類学的な観点から分析する研究者まで存在するほどだ。
 最近、海外ニュースメディアでは、かわいい文化における新現象とされているキモかわ、あるいはゆるかわのキャラクターが関心を集めている。とりわけサンリオのキャラクター、「ぐでたま」と「かわいい」という概念の変化の関係に焦点が当てられているようだ。一体なぜ人生に疲れているこの卵が愛されているのだろうか?

◆かわいい文化が日本経済を支えている?


画像ハローキティ(クーグル検索より引用) 
ダウンロード 70年代にはじまったといわれているかわいい文化は、従来丸くて可愛らしいキャラクターから成り立っていた。キティちゃんやその友だちはもちろん、くまもんをはじめ、ゆるキャラの人気が日本においてかわいい文化がどれだけ広まっているかを如実に語っている。
 ガーディアン紙で指摘されているように、かわいい文化は依然として日本経済においても大きな役割を果している。つまり、かわいさを通じて消費者の興味を惹くことができている。人間は本来、小さくてか弱い、険悪ではない物に対して自然と「かわいい」と感じる性質がある。消費者にとって手頃な値段ではない物でもかわいい雰囲気を漂わせていればより手に取りやすくなるというのだ。とはいえ、市場が飽和状態になっているなかでかわいさを通じて消費者の関心を呼び起こすのは容易なことではない。そのため、「キモかわ」や「ゆるかわ」という新たな概念が作られたのだ。
 では、次々登場している新しいキャラクターのなかでなぜぐでたまが海外で注目を集めているのだろうか?
◆「人生ニガい」ぐでたまの声に思わず共感
 Web誌『クオーツ』は、ぐでたまが動物ではなく単なる卵である点が独特で、海外において関心を集めている理由だと指摘する。また、ハローキティをはじめ、従来かわいい文化を象徴してきたキャラクターと違って、ポジティブな側面だけを持っているわけではないアンチヒーローであることも人気の理由の一つだとしている。
 Web誌『Vox』は、人々がぐでたまに惹かれる理由はその見た目だけではなく、キャラクターの個性にあると述べる。つまり、現在不穏な社会変動に生きている人々は、「人生ニガい…」と悩んでいるぐでたまに対して共感を覚えるのだ。疲れているぐでたま、眠たいぐでたま、何もしたくないぐでたまの気持ちは、万国共通、誰でも理解して共有できる気持ちだといえよう。
◆ぐでたまが作った新たな「かわいい文化」
 ぐでたま現象がアメリカと日本のそれぞれのかわいい文化の相違点について考えさせるきっかけを作った、とVox誌は指摘する。アメリカをはじめ、欧米ではかわいいの概念が非常に単純だ。キャラクターの描き方からも理解できるように、善玉と悪玉がデザインによってはっきりと分けられており、かわいいキャラクターは善良さや優しさだけを象徴しているのだ。
 一方、日本では善玉と悪玉の間のグレーゾーンが存在する。キモかわやゆるかわの概念は、日本におけるかわいい文化が白黒ではなく非常に複雑であること、また常に変化していることを如実に語っているのだ。
◆見た目を超越した「かわいい」の概念
 LINEスタンプや動画など、ぐでたまが日常生活のあらゆるところに姿を現している。それらを友だちに共有する行為が、人生に疲れているぐでたまへの共感を表し、自分も人生に対して同じ気持ちを抱いていることを表現することになっている。ぐでたまがかわいさの概念だけではなく、かわいさに対する人々の反応をも変えたといえるのではないだろうか。
「かわいい」とは、もはや見た目を超越した概念となっている。ぐでたまをはじめ、新しいかわいい文化のキャラクターたちは我々の心を癒し、恐怖や挫折を乗り越える力を与えてくれるのだ。 
(グアリーニ・レティツィア) 
南イタリア出身で、2011年から日本に滞在。ナポリ東洋大学院で日本文化を勉強してから日本の大学院に入学。現在、博士後期課程で日本現代文学とジェンダーを研究しながら、Webライターとして海外旅行、異文化、難民などについて執筆。
(記事引用)

マネタイズで潤うPPAP
町村泰貴 2016年12月23日 15:24 
ネット上の動画や画像を無断で転用することは、引用の要件を満たさない限り著作権侵害。
引用の要件は難しいことではないが、基本的に二次的著作となるような翻案では引用にはならない。
ところが、著作権者がマネタイズにより収益を期待して公開している場合は、複製・公衆送信はもちろん、翻案すら許容される。インターネット時代に見合った著作権のあり方だ。
そんな収益モデルと方向性を如実に示したのがPPAPのピコ太郎である。下記の記事がそれを分かりやすく伝えている。
ピコ太郎 関連動画で潤う
これによれば、YouTubeが画像にコンテンツIDをつけて、この画像を無断で転載したり改変してアップロードしたりした画像を特定し、その画像に広告を付けて、広告収入は元の著作権者に入るという仕組みがとられている。

これで無断で著作物を利用されていた著作権者たちは、それを差し止めるのではなく、むしろ推奨する方向にインセンティブが働くというわけである。

こうなると、ネット上の動画を二次的著作物に仕立てて新たな価値を付与してアップすることが「悪いこと」から「良いこと」に180度転換し、ネットの特にCGM的表現がより豊かになることであろう。
(記事引用)
 
Media:有罪推定のメディア
2017/04/17 matimura.cocolog
またも繰り返される有罪決め付け報道である。
【千葉女児殺害】繰り返される有罪推定報道
詳しい内容は上記リンク先の記事を読んで欲しいが、この場合、結果的に逮捕された男性が真犯人かどうか、また裁判で有罪判決が確定するかどうかは関係がない。

もちろん、犯罪が行われ、その犯人であると名指しして断定することは、捜査機関や裁判所だけができることではない。私人でも、告発や告訴をする場合は犯人と決めつけている。
また使用者が従業員の刑事犯罪を理由に懲戒処分を下す場合だって、裁判所の有罪判決確定は要件ではない。
しかしマスメディアが警察発表を鵜呑みにして、時として熱狂的に犯人決めつけ報道をする場合は、読者の義憤感情に訴えかけて、営業的な利益を追求しているものである。
そしてその結果は、世間の人たちが報道を信じて被疑者を犯人と信じ込み、そうした刷り込みを受けた人の中から裁判員が選ばれるのである。いや、裁判員だけではなく、裁判官は決して認めないが、その影響は裁判官にも及ぶというべきである。
後に冤罪が判明することは、確率的には多くない。今回の被疑者が有罪と決め付けられないのと同様に傍観者には無実と決めつける材料もない。単純に確率的には、逮捕されれば有罪の可能性が高いことは否定しにくい。
しかし、それでも、過去の有罪決め付け報道が結果的に間違っていたという事例の被疑者に与えたダメージを思い起こすべきだ。
有罪決め付け報道は、結果的に有罪であった場合でも、その報道が正義の実現に寄与することはほとんどないのに対して、結果的に無罪であった場合には、その報道による被害は甚大なものがある。
いや、結果的に有罪だったとしても、被疑者の家族に対する不当な攻撃を自らも行ない、また世間の矛先も向けさせるという事態をもたらすのであるから、百害あって一利なしである。
ただし、疑惑の相手が権力者である場合、公人である場合、あるいは私人と閣議決定されても公的に活動し公的に影響力を発揮している人である場合には、遠慮はいらないのだが。そういう場合にこそメディアの真相究明機能に期待が集まるのだが、現実には、被疑者が一般私人の場合に、つまり弱い立場の人に限って、犯罪決め付け報道に走るきらいがある。
ともあれ、マスメディアは冷静さを失わず、また商売に走ることなく、淡々と事実を明らかにして欲しいものである。
(記事引用)










(♪ リボカクサン)
050324
















 





画像 氷の回廊 (厳冬のチベット、河が凍って、にわかバイパスとなる)

そろそろ、日本も春を越えて一気に初夏になりそうな季節柄・・・










 

ザ・マスターズ

「マスターズ」宴の後の「祝杯」「苦杯」「悔杯」
 新潮社フォーサイト- 舩越園子 2017年04月12日 16:32
 マスターズ19回目、メジャー74大会目にして、ついに勝利を掴んだセルジオ・ガルシア(スペイン)がグリーン・ジャケットを羽織る恒例の儀式に臨んでいたちょうどそのころ、今年から新装されたプレス・ビルディングでは、プレーオフのうえ苦杯をなめたジャスティン・ローズ(英国)の敗北会見が行なわれていた。

 今年は本当にいろんなことが起こったマスターズだった。開幕前の練習日は雷雨に見舞われてコースが何度もクローズ。予選2日間は寒波と強風に襲われ、世界のトッププレーヤーたちの戦いは我慢比べの様相を呈した。

 優勝候補の筆頭に挙げられていた世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンは、開幕前日に宿舎として借りていたコース近郊の民家の階段で転落。腰と左ひじの痛みと腫れは事故から初日のティオフまでの23時間では治らず、練習場から1番ティに向かう途上、「棄権」という苦渋の決断を自ら下した。

 ジョンソン不在の4日間、選手たちはさまざまなドラマを繰り広げたが、最後に優勝を競い合ったのは37歳のガルシアと36歳のローズ。首位に並んで72ホール目を迎えた2人は、そのままプレーオフ1ホール目の18番へ進み、5メートルのバーディーパットを沈めたガルシアの勝利で幕を閉じた。

「もはやセルジオは“メジャー優勝無きベストプレーヤー”ではなくなった。彼は勝者に値する」

 頷きながらそう言ったローズは、サンデーアフタヌーンの優勝争いを静かな口調で振り返り始めた。

勝利のカギ
「観ていた人々が一番ドキドキしたのは、15番、16番だろうね」

 ガルシアが8番アイアンでピン5メートルにぴたりと付け、イーグルパットを沈めた15番で2人は首位に並んだ。そして16番。ローズは3メートルのバーディーパットを沈め、再び単独首位へ抜け出してガッツポーズ。確かに、この2ホールには興奮させられた。

 だが、優勝会見で勝利のカギを尋ねられたガルシアは、こう答えた。

「13番のパーが大きかった」
img_5
 アーメンコーナー(最大の難所と言われ、選手はみな祈るしかないという意味の別称)の13番(パー5)。ガルシアのドライバーショットは「いい当たりだったが、3ヤードだけ左に出て」、木に当たり、ブッシュの中へ。あの瞬間、ガルシアの敗北を予感した人は多かっただろう。

 だが、ガルシアは諦めなかった。「ここから、なんとかパーで上がろう」。ドロップ後の3打目でフェアウエイに出し、4打目をピン1メートルに付けて、パーを拾った。

 その姿は、予選ラウンドを戦っていたときからガルシアが口にしていたフレーズをそのまま地で行くようなプレーぶりだった。

「最近の僕は、悪いことが起こっても、悪い流れを良い方向へ変えていく努力をしている」

 何が起こっても、生きていれば、どうにかなる。生き残ってさえいれば、チャンスはある。そう信じながら、13番のブッシュの横で、慌てふためくことなく、むしろ穏やかな表情でボールをドロップしていたガルシアの姿は、妙にカッコ良かった。

笑顔で勝つ
 
 慌てないこと。穏やかであり続けること。楽しもうとすること。笑顔を讃えること。それが、今年のマスターズで優勝争いを演じた2人と他選手たちとを分けた最大の違いだったと私は思う。

 そう言ってしまうと、「笑顔なんかで勝てるわけがない」「穏やかな気持ちで戦い抜けるはずがない」「勝敗を分けるものは技術だ」と反論したくもなるだろう。

 確かに、勝敗を分ける決定打というものはある。ガルシアとローズの勝敗を分けた決定打は、プレーオフ1ホール目のティショット。ガルシアは堂々とフェアウエイを捉えたが、ローズは右の林に打ち込み、ボールはキックして木の下のパインストロー(松の枯れ葉)の上へ。「あのホールで右はノーチャンス」。ローズ自身もあの1打を敗因に挙げた。

 しかし、その決定打に至る前に、ガルシアとローズの2人だけが優勝争いに生き残れたのは、なぜか。その理由は、彼らの技術が他選手たちのそれを上回っていたというより、彼らの胸の中が他選手たちより安定し、余裕を抱き、最もポジティブであり続けられたからではないだろうか。

 ガルシアは「悪い流れを良い方向へ変えていく」と心に誓い、それを実践し続けた。ローズは「僕は終始、冷静に穏やかにセルジオのプレーを眺め、自分自身をコントロールできていた」。

 そして、ローズのこの言葉に一番頷かされた。

「戦いを楽しもうという意欲がなければ、勝つための準備は決してできない」

 そう、「笑顔で勝つ」とは、そういうこと。湧き出る意欲が笑顔を輝かせ、ゴルフを輝かせる。今週、ガルシアもローズも明るい表情を見せ続けていたことは、2人が優勝争いを演じることの示唆だった。

試合があればクラブを握る
 日本の期待を一身に浴びながら、しかし不調を抱えたまま今年のマスターズに臨んだ松山英樹は、ガルシアやローズのような笑顔を一度も見せることなく、終始、険しい表情でオーガスタから去っていった。

 パットの不調は最後まで改善されなかったが、ショットは3日目ごろから上向き始め、最終日には、この日のベストスコアとなった「67」をマークして28位タイから11位タイへ浮上。来年の出場権をしっかり確保したその巻き返しぶりには、世界4位で臨んだ松山の技術の高さ、底力の強さが溢れていた。

 しかし、マスターズで勝つことを夢みてきた松山にとっては、優勝以外は「悔しい」結果に過ぎないと彼は言った。

 そして、自分の最高潮をマスターズウィークに合わせることができず、不本意な形でマスターズを迎えたときも、終えたときも「(クラブは)試合があれば握る」という心境だと彼は言った。

 寝ても覚めてもクラブを握りたい、戦いたい、優勝を狙いたい――そんなふうに心の奥底から湧き出すものがオーガスタの松山の中に存在しなかったこと。笑顔をまったく見せられなかったこと。

 それは、ローズが言った通り、「楽しもうという意欲がなければ、勝つための準備は決してできない」ということだったのではないだろうか。

 まだマスターズ6度目の25歳に、百戦錬磨で37歳のガルシアや36歳のローズのような穏やかな心持ちを望むことは酷ではある。だが、ときにメジャー優勝は、とりわけマスターズ優勝は、求めすぎると離れていく陽炎のようなものであることを実感する日は松山にもいつか来るだろうとも思う。

 そんな実感が伴えば、30歳代のベテランの域に入ることを待たずして、松山にも穏やかな笑顔が見られるようになり、彼のグリーン・ジャケットは、きっとその先にある。

メジャーわずか1勝?
「もはやセルジオは“メジャー優勝無きベストプレーヤー”ではなくなった」

 敗北会見でそう言ったローズが静かな笑顔を讃えたまま去っていった数十分後。表彰式を終え、グリーン・ジャケットを羽織ったガルシアの優勝会見が始まった。

「ようやく僕は“メジャー優勝無きベストプレーヤー”ではなくなった」

 そんな冗談交じりの言葉で喜びを表わしたガルシアだが、実を言えば、そう呼ばれていたことは、さほど嫌ではなかったそうだ。

「確かに、これまでの僕にはメジャー優勝が無かったけど、少なくともベストプレーヤーだと常に認めてもらっていたということだから、それはそれでナイスだよね」

 会見場は穏やかな笑いに包まれた。

今だからこそ、そんなジョークも口にできるようになったが、メジャー優勝だけをガツガツと渇望した若かりし日々は、もちろんあったとガルシアは言った。

「勝てない勝てないと言われることは平気だったけど、勝利を逃した過去の場面が肝心なときに頭に浮かんでくることが嫌だった」。

 マスターズを制し、ついにメジャー優勝を挙げたこの日のことは「僕の生涯の宝になる」と、まるで老齢の選手のような言い回しをした直後。

「でも、これからは僕は“メジャーでわずか1勝しか挙げていないベストプレーヤー”と呼ばれるのかな」

 壇上のガルシアも世界のメディアも、みんなが穏やかな笑顔をたたえた素敵なサンデーイブニングだった。
(記事引用)



 
 
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • トランプ大統領を生み出したのはフェイスブックか?
  • パリ協定とgreen technology
  • 富岡八幡宮殺人事件
  • イスラエル(エルサレム)の叙事詩
  • イスラエル(エルサレム)の叙事詩
  • スパコン開発・産総研
  • 世界経済「大変革」
  • リニア住民訴訟
  • 「巨大地震頻発」2018年