--サイト主よりお願い--
凄まじいばかりのメディア取材(書き直しが多い)合戦を、これからもコピー掲載する予定。

STAP細胞に関する決着は既についている。

o-OBOKATAKAIKEN-facebook
にもかかわらず、これだげ多くの「メディアサイト」が追っているには訳がある。刹那にいって金になる。

ただ、それだけじゃ格好がつかないので表層装丁は、○◎○◎らしく、なおかつアイデンティティーを挿入しつつ、わきまえた報道をする。

といったところで、これだけ雑多になると、小保方氏の姿勢よりもむしろ反対に、よってたかって好き放題、いい放題のサイト発言を集大成して、品評会をした方がパラドックスとして有用だと一計を案じた。

だから、メディアの皆様、どうぞ節操なきパワハラ発言を存分に提供してください。一字一句もれなく掲載いたします。ただし金品薄謝類は一切供与いたしません。(主・幣帛)



STAP細胞に関する小保方晴子氏(32)の手記 A2016/1/28
STAP細胞論文の著者だった理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏(32)の手記が28日、講談社から出版される。

小保方氏が退職後、まとまった主張をするのは初めて。「あの日」と題した同書で、一連の騒動について「真実を書こうと決めた」と執筆の動機を説明。

理研によって存在が否定されたSTAP細胞が、本当に実在するかどうかについては触れていない。

STAP細胞が本当にあるのかどうかという核心には触れていない。9000万円が投じられた理研の調査でSTAP細胞の存在は否定されたが、著書の反響次第では問題が再燃する可能性もある。

出版記念会見開かず講談社によると、「あの日」は初版5万部で1部1400円(税別)。出版に関して小保方氏が記者会見を開く予定はないという。一般的に著者への印税は約10%とみられ、それで計算した場合、小保方氏の手元に入るのは約700万円になる。
(スポニチ記事引用)

小保方氏は手記を「不思議と、今でも実験をしている夢を見る。でも、その夢から覚めた時、思い描いていた実験はもうできないんだと思うと、胸が詰まり、涙が勝手にこみ上げてくる」と締めくくっている。
(引用 Fuji News Network)


「STAP細胞」発表から2年 
元理研の小保方 晴子氏が手記発表へ
フジテレビ系(FNN)1月27日(水)21時23分配信
世界中に衝撃を与えた「STAP細胞」の発表が行われたのは、2014年の1月28日だった。
一連の騒動の始まりになった「あの日」から、ちょうど2年となる、2016年1月28日。
これまで、沈黙を守り続けていた小保方 晴子氏(32)が手記を出版する。本のタイトル、ずばり「あの日」。

「あの日に戻れるよと神様に言われたら、私は、これまでのどの日を選ぶだろうか」という書き出しで始まる、1冊の本。

タイトルは「あの日」。

書いたのは、元理化学研究所研究員・小保方 晴子氏。

STAP細胞論文の研究不正問題。
その裏で、何が起き、それを小保方氏は、どのように受け止めたのか。STAP細胞の名前で注目を集めた万能細胞について、手記では、「この新しい細胞に名前をつけようという話になった。研究室のみんなで考えてくれ、私の名字から『オボセル』や、『おぼっちゃまくん』という漫画から、『チャマセル』など、いろいろと冗談めかした案も出たが、どれもピンとこないままだった」と記されていた。

しかし、STAP細胞については、次々と疑問が浮上した。
そして、小保方氏への追及の声が強まると、「私は『死にたい』と繰り返し、完全に動けなくなり、入院が決まった」と記されていた。

華々しい発表会見から半年、論文にねつ造や改ざんがあったとされたことを受け、小保方氏は、STAP細胞の存在を証明するため、検証実験に取り組むことになった。
「『魔術を使うことを防ぐため』に、監視カメラや立会人による24時間の監視に加え、私の行動の全ては、立会人によって記録された。ほんの少し、手を動かすことも、物を持ち直すことも、自由にできなくなった。それでも、実際に検証実験が始まり、緑に光る細胞塊を久しぶりに見た時、やはり、自分が見たものは幻ではなかったのだと思い、もう一度、この子たちに会えてよかったと」などと、検証実験に手応えを感じていた小保方氏。
そこに、突然の知らせが飛び込んできた。

小保方氏の指導役で、STAP細胞論文の共著者でもあった、笹井芳樹氏が自殺した。
そして、この年の12月19日、理研は、小保方氏本人が、48回にわたって行った再現実験の結果、STAP細胞を作製できなかったと発表した。
小保方氏は、理研に辞表を提出した。
さらに理研は、調査の結果、万能細胞として知られている「ES細胞」が混入していた可能性が高いと結論づけた。
しかし、誰が混入したかは特定できず、故意か過失かはわからないと説明した。
小保方氏の手記には「私が担当していた実験部分の『STAP現象』の再現性は確認されていた。私がES細胞を混入させたというストーリーに収束されるように仕組まれているように感じた。周到に準備され、張り巡らされた伏線によって仕掛けられた罠(わな)だったとも受け取れた」と記されている。

「あの日」と題された小保方氏の手記。
発売される28日は、小保方氏がSTAP細胞発見の記者会見をしてから、ちょうど2年となる日。
小保方氏は手記を「不思議と、今でも実験をしている夢を見る。でも、その夢から覚めた時、思い描いていた実験はもうできないんだと思うと、胸が詰まり、涙が勝手にこみ上げてくる」と締めくくっている。
今回の手記の出版について、理研はコメントはないとしている。
最終更新:1月28日(木)8時29分 Fuji News Network
 
気になるニュースのことなどをダラダラと
よもや真話 2016年01月19日
理研と岡山大学の問題の先にあるもの
岡山大学には、岡山大学病院を「地域医療連携推進法人」化し地域医療ネットワークを構築する「岡山大学メディカルセンター」構想があるらしい。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/212567
岡山大学の不正対応の問題は構図的には理研とそっくりだ。
「特定国立研究開発法人」のためにSTAP細胞論文の不正問題を大急ぎでテキトーに処理してお茶を濁そうとした理研では、「正義の有志」が立ち上がり、アカデミアからは「不正の実態を明らかにせよ!」と「声明」まで出して大騒ぎをしたが、「地域医療連携推進法人」のために不正問題を揉み消そうとした岡山大学では、「ふたりの教授」が立ち上がったものの、アカデミアからは無視され大学からは解雇されてしまった。

構図としてまるで瓜二つなのに、アカデミアもマスコミも正反対の反応になっている。まあ、マスコミが「権威のお言葉」の拡声器でしかないことは、STAP騒動でも明らかだったし、片瀬久美子氏のツイートでも裏付けられてはいるのだが。また、今月3日に毎日新聞が記事にした「不正調査の問題点」は細かい話でしかなく、岡山大学の問題は近視眼的な科学記者よりも社会部記者が扱った方が良い問題だろう。

片瀬氏の場合はSTAPの時と同じスタンスで行動に一貫性があるので、近視眼なりに信念を貫いていただければ良いのだが、某男性ライターのようにiMuSC細胞論文が意味することについて自分の頭で考えることもなく、著名な科学者のネット証言を継ぎ接ぎしたような「権威のお言葉の受け売り」しか出来ない中途半端な科学ジャーナリストの存在価値はやっぱりないだろう。不正告発者が解雇されても無視し続けている「学会の偉い先生」達の存在も。日本のアカデミアと科学報道は一蓮托生で壊れている。

STAP問題では『日本を代表する研究機関である理研で起きた前代未聞の研究不正の解明にあたり、理研内で真相と科学的真実の解明のため勇気ある行動をとっている研究者が複数名いることは、理研にとって大きな救いである。』とまで褒め称えた人達は、いまどうしてるのだろうか。
STAP騒動の際、理研は自主的に不正調査に乗り出した有志達の研究環境を破壊するような不当なことは全くやっていなかったと思われる。逆にCDB解体を提言し、彼らの研究環境を破壊しようとしたのは国立大学の教授達で構成されていた理研改革委員会の方だ。
一方、岡山大学では不正調査に乗り出したふたりの教授達の研究環境は完全に破壊されまった。STAP騒動であれだけ騒いだ人達は、森山・榎本両教授の「勇気ある行動」に対して見て見ぬふりを続けている。というよりも、両教授の「真相と科学的真実の解明のための勇気ある行動」は、国立大学法人にとっては邪魔臭いだけの存在なのかも知れない。

今回の問題がここまで拗れたのは、STAP騒動で不正論文=研究犯罪というイメージで大変なバッシングが起きたことも要因のひとつなのかも知れない。森山教授らのスクリーニングで発覚した細かい疑義に対して、指摘された側が不正批判の恐ろしさに完全否定で逃げようとした的な何かがあったのかも知れない。

STAP騒動の際に、不正論文=研究犯罪的な世間のイメージを煽って炎上させたのは、サイエンスライター片瀬久美子氏だったり、科学雑誌「日経サイエンス」編集部の古田彩氏だったり、中山敬一氏、大隅典子氏、近藤滋氏ら日本分子生物学会理事達だったりする。なんせ「詐欺師の持ってきたデータ」呼ばわりなのだから。
石井調査委員会の記者会見後しばらく私は「科学語は正しく日本語に翻訳されなければならない」という主張をしていた。石井調査委員会の不正認定で使用された「捏造」と「改竄」という言葉が、調査委員会から具体的内容を説明された行為に対する日本語として正しくないからだ。論文の体裁上の問題と研究犯罪としての不正問題を分けることなく「不正は不正」として同じ扱いをされた結果、2014年4月1日の理研の公式発表で小保方晴子氏は「捏造犯」とされてしまった。

科学者達が批判するマスコミは、NHK藤原淳登記者だったり毎日新聞須田桃子記者だったりという科学専門記者が「権威のお言葉の拡声器」の役割を果たしているに過ぎない。更に陰からリークしまくる放火魔までいれば尚のことだ。権威のお言葉によってSTAP騒動の狂乱が巻き起こり、大変なバッシングを引き起こしてしまったのだ。そして、日本分子生物学会理事ら生命科学の専門家達は、業界の潔癖を装うために小保方氏の研究成果すべてを捏造の産物と決めつけ、故笹井芳樹博士が「STAP現象を前提としないと説明できないデータがある」と言い、理研内外で予断のない検証をすべき「合理性の高い仮説」であると訴えたSTAP細胞研究を叩き潰してしまった。

STAP細胞論文に対する理研の拙速な不正対応が引き起こした悲劇を見て、私はこういった不正問題の対策には「第三者機関の設置」が急務だと安易に考えていたのだが、それは即ち「大学の自治」を放棄することだと指摘されて、言われてみればそうだなと気付いた。で、大学の自治など放棄して不正問題に対応する公的機関を設置するとして、その運営資金はどこから出るかと言えば、科学予算の枠内なので「アカデミアの人たちに配られるはずだった研究費を削って捻り出す」ことになると。当然、公的機関を設置するとなれば不正まみれの生命科学系の予算を削って捻出するのが筋だろう。科学予算とは別枠で公正取引委員会みたいなのをという考えは図々しい。基本的に業界内で処理すべき問題なのだから。

結局、理研にしろ岡山大学にしろ、こうした事態になってしまっているのは「学者さんには統治能力がない」ことが主な原因ではないかとやはり思ってしまう。理研と岡山大の問題の教訓としては「科学者に政治的な力を持たせてはいけない」ということだろう。ガバナンスが機能せず大学の自治が脅かされているのは理系学者が権力を持ったせいだと私は思う。博士論文の不正問題が指摘された早稲田のように学長が法学系ならこんな事態になる訳がない。
ちなみに、再生医療で最先端を目指すハーバード幹細胞研究所の所長は、学者さんではなくMBAを取得しているビジネスマンだ。
http://hsci.harvard.edu/people/brock-reeve-mphil-mba

こういった流れの末に、日本の科学を取り巻く環境は、学生や研究者が落ち着いて研究に専念することが出来ない状況になって来ているように思えるが、これは結局、学会の偉い先生達が自分で自分の首を絞めてしまったことなのだ。STAP騒動で生命科学分野の構造的な問題が表面化してしまった今となっては、本気で研究の道に進みたい若者にとって、日本のアカデミアは自分の将来を賭けたいとはとても思えるような所ではない。研究者を目指す頭の良い若者達が選ぶ進路は日本ではないのだろう。

森山・榎本両教授に対する岡山大学の仕打ちに今さらになって「なんとかしないといけない」と声を挙げている大学の先生達は、今まさに研究環境を奪われている人達を研究室ごと自分の大学で引き受ける位のことをやれば良いのにと私は思う。「裁判所に任せるしかないのか?」などと悠長なことを言ってないで。
(記事引用)